May I help you?

MENU

Columns

Columns

関西でリラックス&リフレッシュ

あなたは、どれくらい日本人になりたいですか?
この魅力的な国の習慣と文化に浸る準備はできていますか?

日本人は、美味しく見た目にも美しい料理をつくります。また、素晴らしい「おもてなし」もできます。ものづくりや小型化の技術も持っています。

そして日本人は、リラクゼーションも極めています。

日本の温泉、特に海、川、湖沿いの温泉でのリラックスすることは最高です。
想像してみてください。自然に囲まれた天然温泉に、ありのままの姿(=自然な姿=裸で)でいるあなた自身を。日本では、他の人と一緒にお風呂に入ることは普通(=自然)のことです。あなたは、日本で知らない人と一緒に温泉を楽しむことになるかもしれません。

だから、どれだけ日本人になれるか(=日本のライフスタイルに慣れるか、溶け込むことができるか)を是非、考えてみてください。他人と一緒に風呂へ入ることに抵抗があるかもしれません。でも、よく考えてみてください。ここは日本です。彼らはあなたのことを知らないし、あなたも彼らのことを知りません。だから、緊張も、自分の服も脱ぎ捨てて、関西の温泉を楽しみ、日本ならではのリラクゼーションを楽しみ、リラックスしてください。

関西の海辺の温泉でリラックスしてリフレッシュ

関西エリアは、大阪湾と瀬戸内海に隣接しています。そして北には日本海、南には太平洋があります。これらは、日本の最も美しい海の景色というだけではなく、日本で最も素晴らしい温泉体験もできます。

白浜温泉、天皇も愛した温泉

1,350年以上の歴史を持つ和歌山県南部にある白浜温泉は、日本の温泉の中でも古く、有名な温泉の1つです。古代から、天皇や皇族、上級武士、貴族にも愛されていたとされています。不思議なことに、岸沿いから温泉が湧き出ていますが、この地域に火山はありません。白浜温泉は、天然の地熱温泉の中でも最も神秘的なものの1つです。

特に太平洋沿いにあり、白浜温泉の中で最も古い温泉と言われている「崎の湯」は、波が岩にぶつかり、その海水のしぶきが温泉の中に入り込んでくるユニークな温泉です。それは並外れた未知の体験となるでしょう。景色は素晴らしいし、温泉は本当に気持ちいいし、最高です。皇族が白浜温泉を休暇場所として選んだのも、不思議ではありません。

白浜温泉

究極のアウトドア リラクゼーション、露天風呂

白浜温泉のほかにも、野外の風呂・露天風呂としてオススメなのは、同じく和歌山県にある勝浦温泉です。勝浦温泉は、紀伊山地にある巡礼の道である世界遺産・熊野古道ルート沿いにあります。勝浦の近くには有名な「那智の滝」もあります。133m、日本最大落差を持つ滝です。歴史ある石畳の続く熊野古道を歩き、地域の神社の歴史や文化、そして素晴らしい「那智の滝」を堪能した後は、宿泊し、温泉に入ってリラックスしてください。

那智の滝

福井の誇り

福井県の芦原温泉は、1883年、ある農民が井戸を掘ったところ温泉が湧出したことがはじまりです。約130年に渡り、温泉街として栄えています。芦原温泉には、いくつもの温泉旅館があります。130年以上の歴史を持つ宿泊施設、畳、障子、ふすま、布団といった日本の伝統的な宿泊施設もあれば、和の雰囲気を残しつつベッドが利用できるホテルもあります。また演劇や歌謡ショー、落語などのエンターテイメントで楽しませてくれるテーマパークのような宿泊施設もあり、個性豊かです。食事も、日本海の美味しいシーフード、伝統的な日本の旅館の食事が味わえるところもあれば、バイキング形式でさまざまな食事を楽しめるところもあります。ぜひ、あなたのお気に入りの場所をぜひ見つけてください。
芦原温泉の近くには、1kmほどの断崖・東尋坊があります。もともとは火山活動でできた岩です。とても不思議なこの風景は、ぜひ見て欲しいです。

日本海に面した福井県の越前地方は、温泉を楽しむのに理想的な場所と言えます。ある海沿いの露天風呂では、眼下に海が広がっているので、まるで温泉と海が続いているような錯覚に陥ります。夕刻に露天風呂に入り、壮大な夕日の黄金色の光を浴びながら温泉を楽しむ。そして夜は星空を楽しむ。朝昼は露天風呂から見られる青い空と鳥のさえずりを楽しむ。福井の温泉で、それをぜひ味わってください。

芦原温泉

心と体の浄化

伊勢神宮で魂を浄化し、その後は、三重県・鳥羽、志摩エリアの温泉で体を浄化しましょう。温かいおもてなしと新鮮な地元の魚介類をお楽しみ、温泉で体を温めましょう。どこに泊まっても、島が点在する湾の風景や手つかずの自然の風景を楽しむことができます。

鳥取県は、皆生温泉が有名です。源泉温度は63〜83℃と高温でナトリウムと塩化カルシウムの泉質です。神経痛、リウマチ、慢性皮膚病、慢性婦人病に対して効能があるとされており、心身共にリラックスさせてくれます。

皆生温泉 ©鳥取県

京都の北、京丹後市の丹後半島には、夕日ヶ浦温泉があります。夕日ヶ浦温泉の名前にある「夕日」は、夕焼けを意味しています。まだあまり知られていない、このリゾートでは、旅館の天然温泉から日本海に沈む夕日を見るのに理想的な場所です。この古い趣のある街についての情報は、ほとんどネットにあがっていません。観光客の多い京都府にありますが、ここはそれほど観光客が多くありません。関西のまだあまり知られていないリラクゼーションスポットの一つです。

夕日ヶ浦温泉

関西の川沿いの温泉

関西にある海辺の風景も素晴らしいですが、川沿いの景色には、また違った素晴らしさがあります。質の高い旅館やホテルで提供される料理とは違い、シーフードだけでなく、周辺の川や山でとれる新鮮な食材をメニューに加え、さまざまな料理を提供しています。

大阪から近いロマンチックなイメージのある神戸の有馬温泉は、地元でも人気のある場所です。 神戸の六甲山の内陸側に位置しており、有馬温泉には2つの異なる温泉の水質があります。「金泉」は鉄分が多く黄褐色で、冷え性、皮膚病、筋肉痛、冷え性、末梢血行障害に良いと言われています。「銀泉」は、ラジウム泉、二酸化炭素泉で、湯は透明です。リウマチ、更年期障害、気管支性ぜんそく等に良いとされています。

有馬温泉

兵庫県北部に位置する城崎温泉は、1,300年の歴史があり、多くの伝統的な旅館、いくつかの温泉があります。そして温泉以外にも、さまざまなアクティビティも楽しむことができます。しかし、そこを訪れる人たちの多くは、街の平和な静けさを楽しみ、何もしないことを好みます。城崎温泉には、仕事の疲れを癒すため、また執筆をすすめるために、著名人や作家が多く訪れました。ここで書かれた小説には、城崎について書かれたものもあります。

城崎温泉

三朝の白いオオカミと温泉の秘密の場所

日本遺産・構成文化財である鳥取県の三朝温泉は、ぜひ訪れて欲しい場所の一つです。ある物語によると、約850年前、有名な武将・源義朝の家臣が霊場三徳山に参拝の途中、そこで年老いた白い狼を見かけました。彼はそれが、神仏の化身であると考え、そのまま逃がしました。その夜、夢枕に菩薩が現れ、白狼を助けたお礼に出湯の場所を授けました。そこには一本の古い樟があり、根元から温泉がわき出しました。それが三朝温泉のはじまりです。 現在、その場所には、この物語にちなんだ銅像があります。世界屈指のラドン温泉と言われています。三朝温泉は六感(聴覚、視覚、味覚、触覚、嗅覚、心)を癒す温泉です。

三朝温泉 ©鳥取県

徳島県祖谷地方の透明な川や小川は、古くからある渓谷の中を流れています。
その周囲には雄大な山々と大自然が広がっています。この場所は、まだ、あまり知られていない、人里離れた場所です。835年以上前、安徳天皇の剣は、ここに隠されたと言われています。渓谷の間を流れる川でボートに乗る、12世紀におこった戦いで負けて逃亡した貴族・平氏がつくったとされる狭いかずら橋を渡るなど、大歩危祖谷温泉での余暇を満喫してください。素晴らしい景色、静けさ、ここに伝わる物語とその魅力は、あなただけの秘密です。

関西の湖の温泉

日本最大の湖・琵琶湖は淡水であり、世界の中でも古い湖の1つです。 琵琶湖の南西岸にある雄琴温泉は、京都駅から電車で、わずか20分の場所にあり、にぎやかな京都を観光した後のくつろぎに最適な場所です。ここは、比叡山延暦寺を建てた僧侶・最澄によって開湯されたとされています。高アルカリ性天然温泉水は、神経痛、筋肉痛、疲労回復、美肌等皮に効果があると言われています。 いくつかの温泉旅館、客室露天風呂や屋上にある大浴場から琵琶湖を見ることができます。この地域の有名な近江和牛、琵琶湖で獲れるマス、アユ、冬の鴨、高級な近江米など、海外からのお客様でも食べやすい食材なので、食べ物に関するストレスも少ないでしょう。

雄琴温泉

そのほか関西エリアには、鳥取県湯梨浜があります。湯梨浜の名前由来は、湯はお湯、つまり地域の有名な温泉を意味します。梨は地域の名産である「なし」から、そして浜は、日本海の海岸沿いの手付かずの白い砂浜からです。湯梨浜には、長さ2km、円周12km、深さ2-7mの東郷湖という湖があります。東郷湖の周辺を散策し、その後、湖近くにある温泉に泊まれば最高です。東郷湖から昇る日の出を見ながら、早朝の露天風呂に入れば、どれだけの時間でもリラックスできそうです。

東郷湖

心の平和、精神の平和

関西地方には、長い歴史と深い文化があります。長い間、日本の文化の中心地でした。福井県永平寺は、曹洞宗の大本山であり、主要な禅寺です。ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン2つ星も獲得しています。自然の木々に囲まれた静かな寺で本格的な座禅体験等をすることもできます。永平寺では、その静寂さ、神秘的な空気から、他の場所との違いを感じられると思います。人生を変えるほどの素晴らしい体験をすることができるでしょう。

永平寺

そして永平寺同様、またはそれ以上に神秘的な場所は、和歌山にある高野山です。世界遺産にも登録されており、1200年以上の歴史があります。弘法大師によって開祖されました。仏教の聖域であり、禅、仏教を学び、内省する場所です。高野山にある100以上の寺院のうち約50か所では、寺に宿泊できる宿坊体験ができます。シンプルなベジタリアン料理である精進料理を食べ、祈りと瞑想の修行体験は、日本でしかできない本格的な素晴らしい体験です。

高野山 ©和歌山観光連盟

霧が立ち込め、苔に覆われた高野山は、神秘的な雰囲気です。大きな杉の木に囲まれ、石の灯篭が並ぶ、奥の院のエリアには暮石が300,000個あるとされており、そこには武士たちの墓もあります。そして弘法大師は、瞑想をして生きたまま仏になり、今も、ここですべての人類の平和を祈っているとされています。

そんな神秘的な高野山に宿泊すれば、その思い出は記憶にも心にも永遠に残り続け、また、この神秘的な経験で、あなたはリラックス&リフレッシュできるだけではなく、あなたの世界観も変わるでしょう。

散歩、クルーズ、瞑想、休息、リラックス

関西にはリラックスできるスポットが多くあります。魅力的な温泉はもちろん、歴史のある石畳の道であり世界遺産の熊野古道を歩きたいと思うかもしれません。熊野古道は巡礼の道であり、京都の鞍馬から和歌山県、三重県にある神秘的で重要な場所へと続く道です。

熊野古道

鳥取県の砂丘ではサンドヨガ、奈良県の美しい静かな吉野では森林浴(森林セラピー)、三重県ではタラソテラピーやアロマセラピーを楽しんでください。関西では、見るべきこと、やるべきことがたくさんありますが、何もしないでリラックスする方法も、たくさんありますよ。

関西クルージング

究極のレジャーレクリエーションといえば、クルージング。関西エリアには、十分リラックスができる、そして楽しい、海、川、湖でのクルーズが多くあります。大阪湾、そして歴史的な大阪にある掘、川、運河でのクルーズも楽しめます。瀬戸内海では、穏やかな海のクルーズを楽しめます。鳴門のうずしおも有名です。淡水の琵琶湖では、小さな島、景勝地へのクルーズが楽しめます。関西エリアにある川の数々で、素晴らしいクルーズ体験ができるでしょう。
関西のクルーズは旅のハイライトになりますよ。

琵琶湖

関西でリラックス&リフレッシュ

関西の温泉リゾートで、本当に日本人のようになりたいなら、日本人がよく使う大切な言葉を勉強したほうがいいです。その言葉は「あぁ」です。その言葉は、面白い日本の文化を発見したとき、または美しい関西の景色を見たとき、関西の温泉に入ったときに使います。「あぁ」という言葉の良い点は、どこの国でも通じることです。

関西エリアの文化、習慣そして、温泉に浸ってください。

※この内容は、オリジナル英文を翻訳した文章です

Writer

Chris Glenn

クリス・グレン ライター / インバウンド観光アドバイザー

オーストラリア出身。93年より名古屋市在住。
英語と日本語を使いこなすバイリンガル ラジオDJとして活躍するほか、日本の魅力を語る外国人としてNHK「ブラタモリ」などテレビ出演も多数。オーストラリアではコピーライターとして活躍し、10,000本以上のCMを手がけた。

近年は、訪日外国人の受け入れ環境整備、地域の魅力の掘り起こしと磨き上げ、外国人目線での情報発信に関するアドバイス等を行う、インバウンド観光アドバイザーとしても活躍中。外国人のニーズやセンスにマッチした英文ライティングにも定評があり、観光関連の情報誌や自治体、DMO等の運営するWEBサイトへの執筆も多数おこなっている。

著書に「城バイリンガルガイド」(小学館)、「豪州人歴史愛好家、名城を行く」(宝島社)、「The Battle of Sekigahara」(英語版)がある。